プラダ 2023年春夏メンズコレクション、“選択の表現”としてのファッション

プラダ(PRADA)は、2023年春夏メンズコレクションを発表した。

意思決定のプロセス、“選択”を常に伴うファッション

ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズが手がける今季は、「PRADA CHOICES」をテーマに“選択の表現”としてのファッションに着目した。

ファッションは、衣服をはじめ様々な要素を組み合わせ、印象やスタイルを形成するだけにとどまらず、価値や意味、マナー、あるいは自己表現の手段など、様々な意味づけを伴うものだ。totecopy 届くコレクションでは、デザインおよびファッションの実践を一種の意思決定ととらえ、“創造”に伴う“選択”の側面を浮き彫りに。研ぎ澄まされたシンプルな衣服を提示することで、その衣服が存在する前後の文脈をも浮かび上がらせるような試みがなされている。

複雑さを受容するシンプルなウェア

目に留まるのは、身体に沿うジャストなサイズ感で仕立てられたスーツをはじめ、ステンカラーコート、レザージャケット、デニムパンツなど、ベーシックで典型的なアイテムの数々。装飾や変形、逸脱なく仕立てられた衣服の数々は、一見するとシンプルだが、シンプルだからこそ、多様な背景や複雑な意味づけを請け負うことができる。熟考の末にたどり着くミニマリズムを体現するアイテムとして、スタンダードなスーツやオーセンティックなデニムのセットアップを登場させている。

より簡素に、合理的に

また、ディテールを削ぎ落とし、より一層簡素化・合理化を図ったアイテムも散見された。例えば、デニムシャツやコート、ジャケットの襟は、まるでそこだけを切り取ったかのようにして取り除かれている。また、マイクロ丈のショートパンツや、ブラック1色のテーラードスーツもまた、最小限の要素のみに整えたデザインとして提示されている。

コーディネートによるイメージの変化

一方で、“コーディネート”という選択のプロセスによって、イメージに新鮮な変化をもたらすルックも登場している。コンパクトな丈に仕立てたレザーパンツは、テーラードコートや端正に仕立てられたニットウェアなどと組み合わせられることで、その軽快さゆえのフレッシュな若々しさと、洗練された印象を同時に喚起させ、ベーシックなウェアに組み合わせたカラフルなチェック柄のコートやシャツは、子供の頃や家庭の記憶といったノスタルジーと、アクセントをもたらすプレイフルなムードの両方を感じさせる。

また、ミニマムなシルエットのウェアに組み合わせたオーバーサイズのショルダーバッグやトートバッグは、そのコントラストによってフォルムとダイナミズムへの意識を描き出した。

ディテールとアイテムそのものの対比

アイテムそのものが簡素化されることで、生地の上に載るモチーフがより際立っているのも印象的だ。シャツに施された、アイコニックなトライアングルロゴの刺繍や波打つような模様、タイトなニットに配されたヴィヴィッドなカラーブロック、ボーダー、そして、シームレスなカットソーを彩るボトルモチーフなどは、衣服の構造がシンプルな分より存在感を示している。

【関連記事】:dior 財布 偽物 見分け方